Menu

催眠療法を受けるにあたっての注意点

ストレスの多い現代社会において、自身の心を解放しリラックスした状態で生活を送りたいと願う人は多いことでしょう。そうした悩みや問題を解消する方法に催眠療法があります。催眠療法とは心理療法の一種で、暗示を受けやすい催眠状態に誘導し、潜在意識の中にある悩みや問題に働きかけそれらを解消させる手法のことを指します。催眠療法を受けるにあたっては、セラピストとの間に信頼関係が築けていないときちんとした効果を得ることができません。そのため初回のカウンセリングなどで疑問点や不安な点は必ず確認し、信頼に足る人物であるのか見極めましょう。また催眠療法では過去の心の傷などに触れることもありますので、パニックを引き起こす可能性があります。ゆえに体調がすぐれない場合や病気療養中の場合は受けないようにしましょう。

催眠療法は潜在意識にアプローチする

催眠療法にはいくつかの種類があります。例えば、幼少期あるいは胎児期に退行させる年齢退行療法では、幼少期や胎児期に起こった出来事をよみがえらせることで自分ではコントロールできない感情や原因のわからない悩みなどの解消につなげます。他にも自分の中に備わっている副人格にアプローチする副人格療法では、日常生活の行動を異なった視点から考えることで自分自身を深く知り悩みの解決につなげます。さらに催眠療法では抱えている問題を解消することだけでなく、今そしてこれから何をすべきかイメージさせる手法もあります。未来療法と呼ばれています。スポーツ選手がイメージトレーニングの一環として取り入れることもあります。自分の相談事にどういった手法を用いるかは悩みや問題の内容により異なってきますが、いずれの場合も潜在意識に働きかけることで問題の解消を試みます。

催眠療法の要はセラピストとの信頼関係

最近は医療の現場でも催眠療法を取り入れていることもあるようですが、一般的に催眠療法に関する知識を有するセラピストのいる場所に出向くことで施療を受けることが出来ます。セラピスト自身が事務所を構えている場合もありますし、クライアントの都合の良い場所に来てもらえる場合もあります。電話などでの相談が可能な場合もあるようです。セラピストが信頼に足る人物かどうか見極めることが催眠療法を受ける上で最も大切なことですので、対面で話のできる手段を選ぶのが良いでしょう。1回の施療時間はセラピストやクライアントの状況により違いはありますが、少なくとも2時間はかかるとされています。また施療が完了する回数や通所する頻度も状況により異なります。心の問題を解消する手段として催眠療法は有効ですが、依存しすぎないように注意する必要があります。

サービスの概要は催眠療法でなりたい自分になり、瞑想法によってそれを自分自身でキープできるように心身を整えていくことです。 お忙しい方でも受けやすいコースをご用意。 当館ではアフターサポートを大切にしています。 私たちの店舗を利用することで、あなたの人生の悩みをさまざまな療法で改善することができるというメリットがあります。 意識の仕組みを活用して、幸せな人生をご提案します。 瞑想催眠のラディアンス